はじめての内祝いで困った!新米ママはこう解決しました

Pocket

内祝いに悩む女性

出産祝いをたくさんもらったけれど、内祝いってどうしたらいいの?そんな嬉しい幸せな悲鳴を上げている方も少なくないのでは…?かくいう私もその一人でした。

いざというときに慌てることなく、そしておっ!と思わせるような内祝いを贈ってみたいと思いませんか?

内祝いについて、まとめてみました。

そもそも内祝いとは?

内祝いの昔

内祝いの「内」とは「家」を指します。そもそも内祝いとは、結婚や出産などめでたいことがあった場合に、その家がご近所さんや親せきにその幸せを分かち合うために、お祝いを貰った貰わないに関わらず自主的に贈るものでした。

また内輪だけで質素に行うお祝いという意味もあります。

内祝いの今

現在では、お祝い事に対する贈り物などを頂いた場合、そのお返しとしてお礼の品を贈ることを内祝いと呼ぶ傾向があるようです。

グループでまとめて内祝いを頂くというケースも時々ありますが、その場合は一人一人に対して感謝の気持ちが伝わるお返しをするのが望ましいです。

また実母や義父母などの身内に対する場合はケースバイケースになります。「内祝いは赤ちゃんのために使って」と言ってくれるケースもありますし、「これが欲しいんだけど」とざっくばらんに要求してもらえるケースもあります。

相手に負担をかけず、かつ喜んでもらえる内祝いをと考えると難しいですが、感謝を伝えるという気持ちが一番大切ですね。

出産内祝いのマナーや流れを解説します!

出産内祝い、どうしたらいい?

出産すると思った以上に忙しく、産まれたばかりの赤ちゃんを連れて歩くことができないため、できれば妊娠中の余裕があるときに内祝いの準備をしておくといいですね。

結婚式に出席していただいた方、年賀状を頂いた方などの住所録をあらかじめ整理しておくとなおベターです。

出産の報告を聞いた方から出産祝いが届いたら、なるべくならお礼の手紙を送るのが望ましいですが、書く余裕がない場合は電話でも構わないのでお礼の言葉を伝えましょう。

お礼の挨拶の後はなるべく一か月以内に内祝いの手配をするようにし、遅くとも2か月以内には内祝いが届くようにします。

内祝いのマナーについて

出産は何度繰り返しても嬉しいおめでたいお祝い事なので、のしの水引は繰り返し結べる紅白の蝶結びのものを用いるようにします。表書きは「内祝」とし、下段には赤ちゃんの名前を記入します。

費用の目安としては、頂いた金額、もしくはお品の半額〜1/3程度が一般的です。

内祝いのタブーについて

昔に比べて内祝いのタブーの品はあまりなくなっていますが、弔事を連想させる緑茶や、縁を切ることを連想させる刃物などは一般的にはタブーとされています。

目上の方に贈る際に気をつけていただきたいのが、現金や金券、下着や靴下などを選ぶと、「お金に困っているのでは」という意味に取られかねないので控えるようにしましょう。

またスリッパや敷物などは、「踏み台にして上に行きます」という意味に、万年筆や名刺入れ、ビジネスバッグなどは、「より勤勉に働いてほしい」という意味に取られかねないので控えておいた方が無難です。

おすすめです♪私が選んだ内祝いはコレ

やっぱり定番

やはり内祝いの定番と言えば、カタログギフト・商品券・ギフトカードですね。もらって喜ばない人はいないという意味ではド鉄板であることに間違いありません。

相手の好みがよくわからない場合など、無難に済ませたいときにはやはりおススメです。
また同年代、特に私と同じ世代の友人たちはとにかくオシャレなものが大好きです。

ノーブランドよりは、やはりブランドものがカタいでしょう。スイーツや紅茶などの食品、タオルなどの日用品などは特に喜ばれます。

ちょっと個性を出してみたい

ただ、どうせ贈るならば記憶に残るものを贈りたい…そんな気持ちが強かった私が長男の内祝いで贈ったものは、いつもなら食べることのない高級牛肉でした。

何故これを選んだかというと、昔懸賞でお肉が当たった時にとても嬉しかったことと、お肉を貰って喜ばないのは菜食主義者の人だけなのでは?という思いからでした。同世代の友人たちはもちろん、年配の親戚にも喜ばれましたよ♪

ギフト用・内祝い用のお肉もたくさんあるので、迷ってしまう方もいらっしゃると思います。そんな時は、このようにランキング形式で内祝い用のお肉を比較・紹介している記事が役に立ちますよ♪

そして、次男の出産のときに見つけたのが、赤ちゃんの出生体重分のお米でした。米の袋には赤ちゃんの写真をプリントできる上、産まれたときの体重はこれくらいだったのね、と体感してもらうこともでき、もちろんこちらも大好評でした。

まとめ

内祝いを選ぶときに、「あぁ、面倒だなあ」と思いながら贈るのって、何だかつまらないですよね。そんなときは相手の喜ぶ顔を想像してみましょう。すると、自然と選ぶのも楽しくなりますよ♪

Pocket