赤ちゃんの行事おおすぎ?基礎知識と対応策

内祝いしている女性

日本には日本特有の赤ちゃんのための行事がたくさんありますが、どれも赤ちゃんの健やかな成長を願う愛のこもった行事です。ですが馴染みのない儀式の数々に戸惑ってしまうご両親も多いのではないでしょうか。

今回はたくさんある赤ちゃんの行事について、基礎知識と対応策をまとめてみましたので、是非参考にしてみてくださいね♪

ギモン解決!お宮参りとは???

そもそもお宮参りって?

赤ちゃんが無事に産まれた感謝とこれからの健やかな成長を願い、氏神様に参拝する儀式のことをいいます。

男の子は31日目、女の子は32日目に参拝するのが良いとされていましたが、現在はそういった決まりはなく、母子ともに無理のないスケジュールで、生後30日前後の日取りを選ぶのが一般的です。

どうする?どうしたらいい?

お宮参りの日取りが決まったら、神社に電話で連絡し、お宮参りの予約をしましょう。お宮参りの御祈祷料のことを初穂料、もしくは玉串料と呼びますが、一般的には3000円から1万円を包みます。

祝儀袋(紅白、のしなし、蝶々結び)に初穂料を入れ、上段には「御初穂料」もしくは「御玉串料」、下段には赤ちゃんの名前を書き、受付で渡します。

お宮参りの服装…どうする?

赤ちゃんの服装をどうするか、悩むところですね。和装であれば、肌着の上に白羽二重の内着を着せます。さらにその上に晴れ着(掛け着)をかけ、祖母、もしくは母親の首の後ろで紐を結びます。

男の子の場合は羽根二重の紋付で鷹や鶴などのおめでたい絵柄の熨斗目模様、女の子の場合はボタンや桜などの花や花車をモチーフにした友禅模様が人気です。

洋装であればベビードレスを着せます。寒暖に応じてケープなどで体温調整をしましょう。

ギモン解決!お食い初めとは???

そもそもお食い初めとは?

赤ちゃんの生後100〜120日後に、赤ちゃんの健やかな成長を願い、さらに感謝するための行事です。

このころに歯が生えはじめることから、「子供が一生食べ物に困らないように」という願いを込めてごちそうを赤ちゃんに与えるふりをする儀式です(実際には食べさせません!)。「歯固め」「箸ぞろえ」「箸はじめ」とも言います。

どうする?どうしたらいい?

お食い初めに必要なモノは以下の4点です。

・料理…鯛、赤飯、お吸い物、煮物、香の物の5品
・食器…男の子用は朱塗り、女の子用は外側が黒塗りで内側が朱塗りの漆器や素焼きの食器
・祝箸…柳で作られた、両端が細くなっているお箸
・歯固めの石…お宮参りをした神社からもらうのが一般的ですが、無い場合は水辺の小石をよく洗って使用する。

上記が正式なものですが、最近は形式ばらず、おろしたてのベビー食器を使う人も増えています。

誰が、どうやってあげるの?

「養い親」と呼ばれる、祖父母や親せきの中で一番の年長者が赤ちゃんに食べさせる真似をさせます。男の子なら男性が、女の子なら女性が行います。ご飯→汁物→ご飯→魚→ご飯の順番で、3回繰り返します。

最後に「歯固めの儀式」です。箸の先を歯固め石にちょんちょんとつつき、その箸を赤ちゃんの歯茎にそっとつけます。

ギモン解決!初節句とは???

そもそも初節句って???

赤ちゃんが産まれて初めて迎える節句のことです。赤ちゃんの健やかな成長を願うと同時に厄除けの意味もあります。

男の子は5月5日の端午の節句、女の子は3月3日の桃の節句に行います。

ただし産まれてすぐ(生後1〜3か月)の場合は、赤ちゃんやお母さんの体調を考慮し、翌年に持ち越すのが一般的です。

どうする?どうしたらいい?

端午の節句には鯉のぼりや武者人形または鎧兜を飾ります。そして柏餅やちまきを供えます。

桃の節句には雛人形や桃の花を飾ります。そして白酒、ひなあられ、菱餅を供えます。

どちらも1〜2週間前には飾りはじめ、節句が過ぎたら早めに片づけるようにしましょう。

その他、育児についての記事はこちら → はじめての内祝いで困った!新米ママはこう解決しました

まとめ

どの行事も赤ちゃんの成長を喜び、さらなる成長を願うものに違いありません。堅苦しく考えると気が重くなってしまいますが、一生に一度の儀式ですから、楽しんでしまいましょう♪
写真もたくさん撮ってあげてくださいね♪